ちゅらりもを顔やVIOなどのデリケートゾーンに使ってはいけない理由

除毛クリームの使い方

顔やVIOなど、ムダ毛の処理が難しい箇所を手軽にちゅらりもで処理できたら・・・

なんて考えている方もいるのではありませんか?しかし、結論から言うとこれは絶対にNGです!

ムダ毛を処理するどころか深刻なお肌のトラブルを招きかねないので絶対に使わないよう注意しましょう。

除毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムの効果

ほとんどの場合、除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれています。

チオグリコール酸はタンパク質を分解する効果があるため、その効果で毛を溶かし、ムダ毛を処理しているわけですね。

しかし、タンパク質を溶かすということは髪の毛だけではなく、肌にも影響があります。

皮膚も少なからず溶けるので、人によっては除毛クリームを使った後に「ピリピリする」「赤くなった」「痛い」と感じる方もいますね。

カミソリや毛抜きに比べれば肌へのダメージは少ないと言われていますが、それでも全くダメージがないと言うことは覚えておきましょう。

 

除毛クリームを顔に使うのはやめましょう!

顔は身体と比べると皮膚が弱いので、除毛クリームの使用はおすすめしません。というか除毛クリーム自体、ほとんどの商品が顔への使用を推奨していません。

顔は皮膚の角質層も薄いので、除毛クリームを使ったときの影響も強く出てしまいます。

なので、顔のムダ毛を手軽に処理したい・・・と思っても除毛クリームを使うのはやめましょう。電気シェーバーや、ワックスシートなどを使う方が無難です。

ちなみに顔に使える除毛クリームも販売されてはいるのですが、そのほとんどが海外製の商品です。海外製の除毛クリームが日本人の肌に合うのかも不明なので、こうした商品の使用も基本的には避けた方が良いでしょう。

 

VIOはビキニラインなら除毛クリームが使える

VIOに関して言うと、ビキニラインには除毛クリームが使えます。Iライン、Oラインはやはり皮膚が弱いため、使用はやめましょう。

ビキニラインに関してもやはりデリケートな部位なので、仮に除毛クリームを使うとしても肌へのダメージが少ないもの、敏感肌用などの商品を使う方が無難です。

 

デリケートゾーンのムダ毛をしっかり処理したいならサロンやクリニックの利用を検討してみましょう

デリケートゾーンのムダ毛はカミソリや毛抜きでの処理も難しいですし、除毛クリームでの処理も安全とは言えません。

なので、しっかり処理したい!という方は脱毛サロンやクリニックでの脱毛を検討するのも手段です。

サロンやクリニックでの脱毛は高いイメージがありますが、お試しなどのコースで安く施術を受けられる場合もありますし、部位を限定すれば比較的費用を抑えることも可能です。

何より自己処理するよりも安全ですし、しっかり脱毛しておけば後の処理も楽になりますしね。

長い目で見ればこちらの方がコスパが良い場合もあるでしょう。

 

まとめ

というわけで繰り返しですが除毛クリームは顔やVIOには基本的に使えません。これはちゅらりもも同様です。

手軽に使えるからと言って使わないよう注意して下さいね!