ちゅらりもの正しい使い方まとめ

除毛クリームの使い方

ちゅらりもは肌ケアを考えた成分をたくさん配合している除毛クリームですが、

正しく使わないとちゃんと効果が実感できなかったり、お肌にダメージを与えてしまうこともあります。そこで、ここではちゅらりもの使い方をまとめました。

これからちゅらりもを使う方は参考にして下さいね。

最初に必ずパッチテストをしましょう

ちゅらりもを使う際は、最初に必ずパッチテストを行いましょう。

除毛クリームはどんな商品であっても合う・合わないが必ずあります。なので、いきなりがっつりクリームを塗ったりせず、少量を塗って肌に悪影響がないかを確かめて下さい。

方法としてはまず除毛したい場所にちゅらりもを少量塗布し、10分放置します。

それで赤みやかゆみ、ピリピリするといった刺激を感じないか?確かめましょう。特に異常が無ければ使用も問題ないと考えてよいはずです。

 

クリームをしっかり塗る

パッチテストで異常が無ければ、除毛したい部位にちゅらりもを塗っていきましょう。

このときのポイントは「ケチらずたっぷり塗ること」ですね。

ちゅらりもの使い方にも「処理する部位の毛の根元が隠れるくらいムラなく塗る」と書かれているので、そのくらいにはしっかり塗った方が良いでしょう。

クリームがよく伸びるから・・・と塗る量をケチってしまうと放置している間に乾いてしまったり、思ったほど除毛効果が得られない・・・

なんてことにもなるので注意して下さい。

クリームを塗ったら10分間放置します。

 

10分経過したら拭き取り⇒洗い流す

クリームを塗って10分経過したら、まずティッシュ等で軽く拭き取り、その後水かぬるま湯でしっかり洗い流します。

ちなみに長時間放置したからと言って効果が増すわけではないので、10分経ったところでクリームは拭き取るようにしましょう。

場合によってはしっかり除毛できていないケースもあるかと思いますが、そういう場合も一端しっかりクリームを洗い流し、1日おいて再処理するようにしましょう。

同じ日に繰り返し使うのはNGなので注意です。

 

除毛後はアルカリ性ローションやアルカリ性乳液を使わないよう注意

除毛した後はアルカリ性のローションや乳液を使わない要注意しましょう。

これは化学反応を起こして肌荒れの原因になるためですね。温泉などもアルカリ性のお湯の場合は避けることをおすすめします。

 

繰り返しの使用がおすすめ

ちゅらりもは抑毛効果の期待できる成分も含まれているため、繰り返し使用するのがおすすめです。

繰り返し処理していくことでムダ毛のケアも楽になっていくと思うので、一度使っただけで「効果が無い!」と決めつけず、ある程度の期間は使い続けた方が良いでしょう。

 

まとめ

というわけでちゅらりもの使い方をまとめてみました。

ちゅらりもに限った話ではありませんが、除毛クリームは正しい使い方をしなければ本来の効果を得られません。口コミなどを見ても正しい使い方をしなかったために効果が実感できなかったのでは?という声を結構見かけます。

なので使う場合は正しい使い方を意識しましょう。